« 台所 | トップページ | なぜ名古屋は『ひちや』なのか 2 »

2010年2月14日 (日)

なぜ名古屋は『ひちや』なのか 3



■連合会

Dc021903_2
連合会はお茶の水にあった。
ちなみにアポは取っていない。
いきなり入っていって「なぜ名古屋では『ひちや』なのか」って訊くのだ。
心臓がバクバク鳴ってる。
これまであちこちでアポなしで「こちらは『しちや』ですか?それとも『ひちや』?」って訊いてきた。
同じようなものなのに、なんだこのイヤな汗は。



連合会の方は意外にすんなりと話しを聞いてくれた。
一応連合会の方も「ひちや」というものが存在することは知っていた。
Dc021905_2 そうねぇ


しかしいろいろ調べてもらったが、結局ちゃんとした答えは判らなかった。
やっぱりもう一度名古屋に戻って調べよう。
名古屋で一番の老舗のお店に行くことにした。





■名古屋にもどってきました

L1020653_2 「ひちや」の元祖かもしれない



訪れたのは名古屋の大進洋行。明治時代から続く老舗だそうだ。
お店のひとに話しをしたら、実にあっさりと「あ〜それね」となにやらガサガサと書類を探しはじめた。
L1020655



「いや実はね、何年か前に中日新聞も同じ質問で取材に来たことがあるんですよ」

疑問を持ったのはあわぢぃだけじゃなかったらしい。



ひととおり説明を受けて、資料をいただいた。
L1020671





■ようやく謎がとけました

いただいた資料によると、以下のようなことらしい。

●「言葉遊び」説
「しち」の「し」が「死」に通じるので、それを嫌がって「ひち」とした。「ひち」は縁起のよい「七」に通じる。
●「名古屋人気質」説
「質」は「しち」とも「しつ」とも読める。名古屋では「質素」の意味合いで「質」の文字を解釈する。
「しつ」の「し」=試す、試験(鑑定眼)の意味
「しつ」の「つ」=費える(費用の「ひ」)←この「ひ」が「ひちや」の「ひ」
●「質に入れる七道具」説
質屋に入れられる七道具は「時計、貴金属、衣類全般、美術品、毛皮、趣味の品、日用雑品」。こうして見ると身の回りのものほぼ全てである。
単なる質草でなく、お客様のあらゆる品を扱って、預かり品を大切にしようという名古屋人のきめ細かな商売気質。

・・・とまぁ、諸説あるようである。名古屋の質屋さんの間での通説は一番最初にあげた「言葉遊び」説だそうな。方言ともいう。


■最後に
今回の調査で多くの質屋さんにお会いして話しをしてきたのだが、どの店主も人情味があった。
だが昨今「買い取り専門店」が増えて「質屋」の利用者は減っていってるそうだ。
かく言うあわぢぃも利用したことはないのだが、手軽なキャッシングより、マニュアル通りの事務的な買い取り専門店より、質屋を利用してみようと思います。

あ〜〜スッキリした。





|

« 台所 | トップページ | なぜ名古屋は『ひちや』なのか 2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初コメです。まれに見る長編大作ですね。
「ひちや」の存在を知らなかったので、勉強になりました。
調査、お疲れ様でした。

投稿: Lazuli | 2010年2月15日 (月) 21時30分

おっめでとう!
DPZ入選しましたね!
すごい力作。このために全国旅していたのか~。(違うって?)

投稿: ちえぞー | 2010年2月19日 (金) 18時30分

名古屋人であるうちのカミさんはものを数えるとき
1、2、3……6、ひち、8、とやりますね。

「しち」が「ひち」に転訛するのは名古屋弁だからってだけで、それ以上特段の理由はないのかもしれません。

投稿: 源 | 2010年2月19日 (金) 18時34分

名古屋市内には「七本松通」という通りがありますが、ふりがなは「Hichihonmatsu Dori」と振られていたと記憶しています。
京都にも「七本松通り」があるそうですが、こちらは「しちほんまつ」になっているとのこと。
参考になるかどうかはわかりませんが。

投稿: | 2010年2月20日 (土) 01時39分

コドモ侍のコメント

ナント!

あれから編集してたんですねww
私がニコニコ大会議に出席している間に。。。

ずるい!

300万ポイントおめでとうございます。

投稿: コドモ侍 | 2010年2月20日 (土) 02時52分

■lazuliさん
初コメありがとうございます。
知らなくてもいい情報ですが、勉強になりましたか。
ご近所さんにも教えてあげてください(笑)

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月20日 (土) 15時12分

■ちえぞーさん
おおおっ、ちえちゃんありがとう♪
出来ればそちらの地方にも取材しに行きたかったです・・・。

取材期間はホントに長かったですが、やり遂げた感に満ちあふれております!

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月20日 (土) 15時14分

■源さん
・・・あ、大阪育ちの淡ぢぃですが、いち、に、さん・・・ろく、「ひち」って言いますね。
あと九九も7の段は「ひちいちがひち、ひちにじゅうし」・・・です。

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月20日 (土) 15時17分

■名無しさん
興味深い情報ありがとうございます!
名古屋も京都もよく行くので、こんど確かめてきます!!

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月20日 (土) 15時19分

■コドモ侍さんへのお返事コメント
ふっふっふ。
でもこの構想をコドモっちに話してから随分経ったよね。
ようやく完成ですよ。

また相談させてくださいねー。

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月20日 (土) 15時21分

DPZからきました。沖縄出身ですが、地元の質屋はPAWNSHOPって確かに書いてます。それも米軍基地のゲート周辺に集まっていて、沖縄での任期を終えた軍人さんが引っ越しする時に色々と売っていくみたいです。
なので時々日本に売ってない品物が店に出てます。珍しいギターや家具、大きな家電などなど…

投稿: もりたか | 2010年2月21日 (日) 15時15分

DPZからきましたー。はじめまして。
自分は岐阜出身で神奈川とかに一時期すんでましたが、七味をひちみって言ってましたよw
ひちや、ひちで、ひちみですw
神奈川の人たちにはてなマークだされてましたー。
ひちみとってー!っていうと、ひちみ?しちみのこと?って感じです。

投稿: まる | 2010年2月21日 (日) 23時30分

■もりたかさん
コメントありがとうございます!
沖縄ではそうらしいですねー。
関東でもよく米軍放送を車で聴いてたのですが、「売ります買います」情報多かったです。

パウンショップを使うってのはいい手ですね。

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月21日 (日) 23時45分

■まるさん
はじめまして〜いらっしゃいまし。
コメントありがとうございます!!

例えば七五三なんて大変ですね。しちごさん。淡ぢぃは「ひちごさん」って読んでたかも。
淡ぢぃの人生は関西半分・関東半分なので、ごっちゃになっております。
でも「七味」は「七」だから確かに「ひち」ですね。

投稿: 淡ぢぃ | 2010年2月21日 (日) 23時49分

言葉遊び説、「し」は死につながるので避けたというのは、
川に生えている葦を本来はアシなのに(悪し)につながるのでヨシ(良し)と言い替えて呼び始めたのに似ていますね。
日本人は江戸の昔から言葉遊びが好きですし、縁起が悪いことは忌み嫌いますからね。名古屋は婚礼の派手さかげんからも、大阪は商人のまちですから特にそうでしょう。自分の中で納得しています。

投稿: シギー | 2014年11月 4日 (火) 04時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191676/33380793

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ名古屋は『ひちや』なのか 3:

« 台所 | トップページ | なぜ名古屋は『ひちや』なのか 2 »