« クルマで帰省 | トップページ | 謹賀新年 »

2012年12月31日 (月)

里帰り2012 2日目

Img_2468


朝、起きたらすでに10時をまわっていた。

Anthony曰く「赤ちゃんみたいに寝ていた」そうだ。
(心境微妙w)

そんな2日目はAnthonyの奥様であり、あわぢの親友Mi Leに会いにいってきた。
Img_2456



サンディエゴ郊外。
1798年に建てられた教会・San Luis Rey de Franciaに彼女はいる。

Img_2469




Img_2470




Img_2471




ベトナム人の彼女とは高校卒業以来、唯一連絡を取ってきた友達だ。
2011年1月16日に亡くなった。
亡くなる3ヶ月前に会って余命のことは聞いていたので、ある程度覚悟は出来ていたけど、どうしても心の整理をつけたくて今日会いにきた。
Img_2480




実は今回の旅の一番の目的かもしれない。

P1010154 2010年9月に会った時

ずっと変わらず親友でいてくれてありがとう。安らかにお眠りください。
の気持ちが伝えられてスッキリした。


墓参りのあと、Anthonyとブランチ。
Img_2491 Denny'sです



Mi Leの最期のこと、それ以降のAnthonyの生活。
たくさん話しを聞いた。
いろいろ区切りついたよ。
連れてきてくれてありがとう。



このあと仕事があるAnthonyと別れて、
母校・Mira Mesa High Schoolへ。
Img_6462






ここでMira Mesa High Schoolの後輩、Naomiさんと再会。
Img_2544

彼女は高校の後輩だが、卒業したのはほんの3年前。
まだ21歳だ。
会話をしていてジェネレーションギャップにクラクラする。


校内をしばし散策。
Img_2545 Img_2549

Img_2552 アメフトの試合も観戦しましたよ




そしてこの日、もうひとつの目的を果たすためにフォトスタジオへ。
Img_6466


ここはMira Mesa High Schoolの卒アル写真を撮ってくれているスタジオだ。
基本的に予約しないと中に入れないのだが、事情を話して撮影してもらうことに。
Img_6467






Img_6473







・・・ ・・・ ・・・(撮影中)







どうしてこんな写真を撮ろうと思ったかというと、
この写真。
1992
1992年にサンディエゴで撮影した写真である。




あれから20年。
同じサンディエゴで、同じように撮ってもらいたい。

で、撮ったのが









コレ。
2012




この趣旨に快く協力してくれたスタジオに感謝。




はい。満足しました。



帰りに食べたタコスがひときわ美味しかったよ。
Img_6494 Cotixanのタコス美味いんだ




つづく。

|

« クルマで帰省 | トップページ | 謹賀新年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里帰り2012 2日目:

« クルマで帰省 | トップページ | 謹賀新年 »