2013年3月21日 (木)

LCCに乗ってみた

Img_9728

先日、初めて成田ー関空をジェットスターで移動した。
初めてのLCCである。


成田に向かう電車からの景色がのどか過ぎて泣ける。

Img_9726

成田では第2ターミナルにチェックインカウンターがあった。

Img_9734






普段は第1ターミナルのANAを利用しているので、なんとなくアウェイな雰囲気だった。

Img_9736







預ける荷物もないので、自動チェックイン機を使う。

Img_9729








危険物持ってないだろな?的な質問もクリア。

Img_9730








カンタン手続きで搭乗券に引き換え完了。ゲートに向かう。

Img_9732







このときの時刻は17時。
帰宅時間のことを考えて食事をとる。

Img_9745








ジェットスターに乗るのだから、ここはジェットカレーだろう。

Img_9742 すごくウマそうに見えた











嗚呼。

Img_9743 味の感想は言いますまい











そして搭乗。
ゲートで係員がひとりひとりボーディングパスをチェックする。

Img_9750 機械でピってするやつ










バスで飛行機まで行って、タラップから乗る。

Img_9757 これテンションあがるよね










肝心のシートだが、意外なことに革張りだった。
シート間はちょっと狭く見えるが

Img_9760








座ってみるとそうでもない。
あわぢの長い脚でも(ここ大事)少し余裕がある。

Img_9759








機内のサービスは全て有料。
メニューはなかなか豊富だった。

Img_9765 Img_9766










座ったのは前から2列目だったが、前方を見ると

Img_9763





操縦席に座ったパイロットの頭が見えた。

Img_9761






・・・と、ここで飛行機の扉が閉まったのでレポートは終わり。
千葉の自宅から成田空港はとても近いが関空から関西の自宅までは遠い。
でもそれを考慮してもANA利用するより断然安い。

これからも利用しようと思う。












ところで、成田の搭乗口のところにあるお土産屋さんで
なんでこんなの買っちゃったんだろう。

Img_9748



浮かれていたんですかね。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

里帰り2012 4日目

Img_6615


サンディエゴ4日目。

この日は9月としては異常な暑さだった。
サンディエゴは1年を通して30℃を越えることはめったにない。
そんな9月のサンディエゴの気温が30℃をゆうに越えたのだ。
Img_6629 首筋が日焼けしてヒリヒリに


午前中はダウンタウンを散策してたけど、あまりの暑さにちょいちょいホテルに戻って休憩した。

散策したダウンタウン〜Little Italy

Img_3062 Img_3054

Img_3071 Img_3059

Img_3072 Img_3076





午後からはシーポートビレッジとなりにある空母ミッドウェイ博物館へ。
Img_3087

ミッドウェイは永年、横須賀基地に展開していた空母だ。退役してからはサンディエゴで博物館として停泊している。
Img_6621



中はこんな感じ。
Img_3089 Img_3093

Img_3113 Img_3111



そんな中で一番魅かれたのはこれ。
Img_3106 フライトシミュレーター





実際にアメリカ軍が使用しているものだそうな。




どんな操縦してんだか。
Img_3103 逆さになってるぞ






あまりに待ち時間が必要だったので、諦めたけど。





甲板の広さも圧巻だった。
Img_3116 Img_3117

Img_3125



このあと、高校時代のクラスメイト・Saraと待ち合わせをした。
541066_10151231141526042_133283011_ Saraと旦那さんのCarlos


Saraとは25年ぶりの再会。
当時クラスメイトで、隣りの席だったSara。
とても可愛らしい女の子だった。
学校を去る日、彼女の写真を撮らせてもらったのだが、見事に逆光で手元に当時の写真が残っていない。
2年前にFacebookで見つけて連絡を取り合うようになっていた。

事前に連絡をとっていて、どこか行きたいところある?って聞かれていたので、
「キレイな夕日の見えるところに行きたい」ってリクエストした。
彼女はあわぢのFacebookを見て、風景写真が気に入ってたらしい。
快諾いただいた。

「あわぢぃ、ちょっとは英語上達した?」とか言われつつ、車で移動する。

まず連れて行ってくれたのは Mount Soledad Veterans Memorial。
過去の戦争で亡くなった軍人・一般人ともにここに祀られている。
(訪れたのは9月15日。9月11日の同時多発テロの日から1週間は半旗掲げられていました
Img_3165

Img_3223



Img_3164 Sara&Carlos


Img_3173

Img_3176 景色は最高でした








路線バスも通っておらず、クルマでしか交通手段がないにもかかわらず、とても多くのひとが祈りを捧げにきていたのが印象的だった。
Img_3191



Img_3210




このあと移動して
Img_3240






Colonado Beachへ。
Img_3299


ここColonadoはあのHotel Del Colonadoが世界的に有名な場所だ。
エジソンが発明した電球を世界で初めて館内に使用したホテル。
そして歴代の大統領が宿泊し、マリリン・モンローの映画「お熱いのがお好き」の撮影地としても有名である。
また、全長2マイルにも及ぶこのビーチは、Travelocity.comの調査で、アメリカ内で最もロマンチックなビーチ第3位にも選ばれているそうだ。


Img_3376 砂浜が広い






ここでSunsetを撮ります。
Img_3309





しばし待機。
待っているあいだ、Saraにお土産としてプレゼントしたガムを食べた。
Img_6645 ぷよぷよ。


以前InstagramにUPした写真にSaraが興味を示したのだ。
お土産にアメリカに持っていくよ、とコメントで約束していた。
Image1 「これガム?カワイイ!」







そして撮った夕日がこれ。

Img_3341

Img_3354

Img_3374



我ながらステキな写真が撮れた。




撮影後は食事。
Hotel Del Colonadoのすぐお隣にあるメキシコ料理のお店へ。
Img_6647 美味かった♡


美味しい食事をいただいて、これでお別れかなと思ったけど、Saraがどうしても見せたい景色があるというので、もう1カ所まわった。

ダウンタウンにあるパークハイアットホテル。
20年以上サンディエゴに通い続けているけど、高級ホテルには縁がないので初めてだ。
Img_6651




このホテルの最上階からはダウンタウンが一望できるのだ。
Img_3407

Img_3408_2



Saraに感謝。

また会おうな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

里帰り2012 3日目

Img_2810


3日目。
この日は25年前に住んでいたエリアに。
ダウンタウンから車でほんの10分ほどのところにあるLinda Vistaという地区。
Img_2695


Img_2702


Img_2713


このエリアはあまり変わらないね。
すごく落ち着く。


友達との溜まり場になっていた掘建て小屋も健在。
Img_2721




そしてここ。
Img_2749






あわぢが住んでいた家。
Img_2747





そしてこの場所で、待ち合わせをしている人物がいた。
当時生活をともにしていたホストファミリーのAnthonyだ。
(初日に会ったのもAnthonyですが別人です)

Img_6517 1987年Anthonyと家の前で






当時10歳だったAnthony少年は、25年の時を経て




立派なおっさんに!
Img_6518

当時、高校生だった自分としては、10歳児とどう向き合ったら良いのかが分からなくて、ケンカが絶えなかったAnthony。
一昨年Facebookで23年ぶりに連絡がついて、2011年の東日本大震災のときにはお見舞いメールをくれた、心優しい男である。







sports arena近くのBBQハウスでスペアリブを食べながら、この25年間を埋めるべくたくさん話しをした。
Img_6519
写真では分からないけど、異常にでかいスペアリブ





Img_6522 オニオンリングもでかい




当時一緒に住んでいたホストファミリーは5人家族だった。
お父さんはアメリカ海軍の軍艦乗りだ。現在はオランダに住んでいるそうな。
お母さんはイギリスのダブリンに、妹2人はそろってロンドンに住んでいる。
つまりサンディエゴに残っているのはAnthonyだけなのだ。

Mission Beachを散策しながら語り合いはつづく。
P1140365





Img_2763

Anthony「俺あわぢのウォークマンを壊して、あわぢにアホほど怒られたんだぜ!」
あわぢ 「いや覚えてねえわ」







Anthonyが誘ってくれたWAVE HOUSE。
ここではサーフィンのショーが連日行われている。







WAVE HOUSEでショーをみながらビールを飲んでさらに語り合い。
Img_6539

近いうちに再び会う約束をして別れた。





夜はPetco Parkへ。
Img_2832



メジャーリーグを観に行った。
サンディエゴに行くと必ずMLB観戦をするのだ。
Img_2841









お約束ショット
Img_6573 日本からグラブ持参した






日本の野球は全然興味ないけど、やっぱMLBはええわ。
Img_6558




P1140388






動画撮りました。
満塁ホームラン。







試合後はスタンドのライトが消され、花火が見られた。
P1140446

Img_6604







盛りだくさんで素敵な一日だったよ。






晩メシはホテル近くの24時間スーパーで
P1140351





サンドイッチ+チェリーコーク+プラム。
Img_6613



そんな3日目のサンディエゴナイト。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

里帰り2012 2日目

Img_2468


朝、起きたらすでに10時をまわっていた。

Anthony曰く「赤ちゃんみたいに寝ていた」そうだ。
(心境微妙w)

そんな2日目はAnthonyの奥様であり、あわぢの親友Mi Leに会いにいってきた。
Img_2456



サンディエゴ郊外。
1798年に建てられた教会・San Luis Rey de Franciaに彼女はいる。

Img_2469




Img_2470




Img_2471




ベトナム人の彼女とは高校卒業以来、唯一連絡を取ってきた友達だ。
2011年1月16日に亡くなった。
亡くなる3ヶ月前に会って余命のことは聞いていたので、ある程度覚悟は出来ていたけど、どうしても心の整理をつけたくて今日会いにきた。
Img_2480




実は今回の旅の一番の目的かもしれない。

P1010154 2010年9月に会った時

ずっと変わらず親友でいてくれてありがとう。安らかにお眠りください。
の気持ちが伝えられてスッキリした。


墓参りのあと、Anthonyとブランチ。
Img_2491 Denny'sです



Mi Leの最期のこと、それ以降のAnthonyの生活。
たくさん話しを聞いた。
いろいろ区切りついたよ。
連れてきてくれてありがとう。



このあと仕事があるAnthonyと別れて、
母校・Mira Mesa High Schoolへ。
Img_6462






ここでMira Mesa High Schoolの後輩、Naomiさんと再会。
Img_2544

彼女は高校の後輩だが、卒業したのはほんの3年前。
まだ21歳だ。
会話をしていてジェネレーションギャップにクラクラする。


校内をしばし散策。
Img_2545 Img_2549

Img_2552 アメフトの試合も観戦しましたよ




そしてこの日、もうひとつの目的を果たすためにフォトスタジオへ。
Img_6466


ここはMira Mesa High Schoolの卒アル写真を撮ってくれているスタジオだ。
基本的に予約しないと中に入れないのだが、事情を話して撮影してもらうことに。
Img_6467






Img_6473







・・・ ・・・ ・・・(撮影中)







どうしてこんな写真を撮ろうと思ったかというと、
この写真。
1992
1992年にサンディエゴで撮影した写真である。




あれから20年。
同じサンディエゴで、同じように撮ってもらいたい。

で、撮ったのが









コレ。
2012




この趣旨に快く協力してくれたスタジオに感謝。




はい。満足しました。



帰りに食べたタコスがひときわ美味しかったよ。
Img_6494 Cotixanのタコス美味いんだ




つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

【ネタ要素ないです】里帰り2012 初日

Img_6393


2012年9月。
高校時代を過ごしたSan Diegoに里帰りしてきた。

(今回の記事は、自分の
備忘録的日記です。
これといったネタ的要素はないので、あらかじめご了承ください)



成田からロサンゼルスを経由して、サンディエゴへ。
Img_6364 ANAの機内食美味かった






オバマ大統領に歓迎されつつアメリカへ入国。
Img_6377







LAではBoading Passがなかなか発券されず随分待たされたけど
Img_6379 3時間待ちました







コンセントをパクって
Img_6383 コンセントぼろぼろw






数時間座り込んで過ごしました。
Img_6386_2








夕方、ようやくサンディエゴに到着。
Img_2402





ただいま!!
Img_2400_2






空港には高校時代の親友Mi Leの旦那さん・Anthonyが迎えにきてくれた。
Img_2419




空港から一路Anthonyの自宅へ。
Img_2420






Img_2448





古いけど、とても大きな家だ。
Img_2427


Img_2441 Img_2442

Img_2423 Img_2444

Img_6396




家ではシャワーを浴びたり巨大なスクリーンで映画を観たりして過ごした。
サンディエゴ到着初日からこのまったり感。
Img_2439




そして、お約束のベトナム料理屋さん。
Img_6404

Anthonyはベトナム人。

Anthonyが「たんとおあがり♪」というので調子に乗って
ステーキ丼ちっくなものまでいただいた。

Img_6408 お腹いっぱいです






ちなみにこのお店のオーナーはAnthonyと30年来の友人だそうで。
Img_6416 あわぢも友達になりました




その後、家電屋さんで電化製品をあれこれ見たりなどもした。
Img_6418




初日はここで終了。
時差ボケでずっと寝ていなかったので、移動するクルマの中で寝落ちした。


Img_2451 遠のく意識の中で撮った写真(だと思う)


つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)